Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外で暮らす猫たち

こんにちは。


お久しぶりの本日は
少し真面目に深刻なお話を
したいと思います。

あ、いつも真面目ですけどね!



…とってもかわいそうで悲しい
写真を載せます。




この子は最近保護された子猫です。
車のエンジンに腕が巻き込まれて
片腕がちぎれてしまいました。
とても弱っています。




そしてこの子は頭部を咬まれて
膿んでしまい、頭が傾いてしまいます。
とても弱っています。





今、頑張っている小さな命があります。


どちらの子も先生が頑張って
治療をしてくれていますが、
他にも雨の中冷たく震えていた弱った子猫や、
片眼が腫れて少し見えにくくなって
しまっている子猫たちが続々と
保護されています。


外で暮らす猫たちは、
決してのんびり幸せに暮らしている
だけではありません。

外での生活はとても過酷なのです。


外では自由と引き換えに、

他猫とのケンカによるケガや感染症
交通事故
心無い人による虐待
真冬の寒さや真夏の暑さ


など、危険がたくさん
襲い掛かってくるのです。


また、猫が外で排泄することで
近所の迷惑にもなります。


自由に遊ばせてやりたいと、
お家の猫ちゃんをお外に出している方
には特にこの現実を
知っていただきたいです。

自分の猫ちゃんが上に載せた写真の
子猫たちと同じような姿に
なってしまうかもしれません。

これから猫を飼う方は、完全室内飼いを。

外には危険がいっぱいです。

猫に必要なのは広い外ではなく、
安心できるスペースです。

上下運動できる楽しい
お部屋にしてあげましょう。


そしてもうひとつ、
車を使う方々へ。

猫がエンジンルームに入り込んで
いる事があります。
そのまま気づかずにエンジンをかけて
しまうと、猫が巻き込まれてしまいます。

乗る前に車をバンバン叩いて、
中で眠っている猫を起こして
逃がしてあげて下さい。


以上です(^-^)

それでは皆様よい1日を。

スポンサーサイト

フィラリア予防

6月になりました。
フィラリア予防シーズンの始まりです。
今年のフィラリア検査がお済で、予防薬をお持ちのワンちゃんは、忘れずに飲ませ始めて下さい。
検査が済んでいて、まだお薬を取りにいらしていない方はお早めにご来院ください。

2015年10月以降に生まれたワンちゃんは、今年は検査は必要ありませんが、お薬は体重によって容量が変わりますので、体重測定をしに、お早めにご来院くださいね。

inu160608.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。