Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして!

皆さんはじめまして。

私はアン動物病院で看護師をしています^_^


これから動物病院での日々の出来事やお知らせ、犬猫の健康に関する情報などをゆる〜く更新していきたいと思いますので、ぜひ覗いて見て下さいねヽ(´▽`)ノ

さて、記念すべき第1回目のブログですが、さっそく最近の気になる病気について書きたいと思います。


蒸し暑い日が続いているこの時期に気を付けていただきたいことと言えば…


やはり『熱中症』です!


犬や猫は人間のように汗をかくことで体温調節をする事が得意ではないので、ほとんど舌を出してハァハァすることで体温調節しています。そのため人間と比べると熱中症に
かかりやすい動物です。


私達がこのぐらいの暑さなら大丈夫かなと思っても犬にとってはとても暑い状況の場合があります。


特に次のような状況で注意が必要です!


※車内や締め切った部屋でのお留守番

※蒸し暑い日に屋外に出しっぱなし

※暑い時間帯のお散歩


熱中症は予防が非常に重要です!


家でお留守番させる時はエアコンをかけるなどして暑くなりすぎないようにし、通気も良くしておきましょう。

早朝や夜など気温が少しでも低い時間帯にお散歩に行き、熱くなったアスファルトは避け、散歩の時間も短めにし、お水も充分飲めるようにしておきましょう。


太っている子や短頭種、心臓の病気を持っている子や長毛の猫は熱中症のリスクが高くなるので特に注意が必要です!


ここで皆さん、「ハァハァしてたら冷やせばいいんでしょ?」と軽くお考えではありませんか!?


熱中症は対処が遅れたり間違ってしまうと最悪、死に至る恐ろしい病気です。


熱中症になると荒い呼吸、発熱、吐き気や下痢、大量のヨダレ、重度になると舌の色が青くなったり痙攣を引き起こします。

もし熱中症かな?と思ったらすぐに病院と連絡を取って、脇の下や内股を少しでも保冷剤や濡れタオルで冷やしながら早めにご来院下さい。


熱中症をしっかり予防して、楽しい夏をお過ごし下さい^_^

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。